東京スカイツリー・グッズ専門 通販サイト

一年ぶりのスカイツリータウン 2014/1/10 その1

 

東京スカイツリータウンにある 『すみだ水族館』 に行ってきた。

 

ちょうど一年前、スカイツリーの展望台まで上ってきたが
次回、タウンに来るときは、すみだ水族館に行きたいと思っていた。

 

私は、水族館が大好き。

 

これまで行った水族館は、

 

しながわ水族館、エプソン品川アクアスタジアム、箱根園水族館、そして、沖縄・美ら海水族館
また、仕事で米ノースカロライナ州のラーレイ( Raleigh ) やシンガポールに出張したときにも
週末、その町にある水族館に行ってきた。

 

 

スカイツリータウンに行くために降りる地下鉄の駅は2つある。

 

● 東京スカイツリー駅 (旧名称: 業平橋駅) 東武伊勢崎線
● 押上駅 半蔵門線、浅草線

 

私は、押上駅で降車したが、
そこは駅の構内が、
スカイツリータウンの
入り口と直結している。

 

入り口に入ると
エスカレーターホールには、
こちらのような ⇒
大きな凧が飾られていた。

 

エスカレーターを
上がっていくと1階に
「ソラマチ商店街」がある。

 

そこで私はランチをとることにした。

 

今回、入った店は、ハワイアン・ハンバーガーの店 『 KUA`AINA 』

 

このお店は、レジ・カウンターに立っていると客席がすごく狭いように感じるが
客席の空間はその場に立っていると見えないが、その先 L 字型に拡がっていた。

 

 

ボリューム満点のメニューがいくつかあったが、私は、アボガド・バーガーセットをいただいた。

 

ハンバーグはタレは何もついてなく、塩とコショーだけで味付けしている感じ。
その塩っけにアボガドのほんのりとした甘みが重なって、口の中で絶妙なハーモニーを醸し出してくれる。

 

ぜひ、スカイツリータウンに行かれた際は、試してみていただきたい。

 

 

 腹ごしらえした後、
 すみだ水族館があるというへ。

 

 4階には、お菓子や雑貨店、カフェ、
 レストランなど様々なショップが
 並んでいる。

 

 そして、外に出ると
 スカイツリーの展望台へ行く
 チケットを販売している建物がある。

 

 

中を覗くと平日にもかかわらず、大勢の人がチケットを求めて列を作っていた。

 

しかし、今日の私の目的は、展望台ではなく、水族館。

 

その水族館の入り口は、この建物の右奥にあるということで、歩を進めていくと
水族館のエントランスにつながるエスカレーターが見えた。

 

 

到着。

 

入場料は、大人 2000 円
高校生は、1500 円
中・小学生は、1000 円
3歳以上の幼児は、600 円となっている。

 

また、年間パスポートも販売しているようだ。
2回分の料金で、1年間に何回でも入場することができる
お得なチケットだ。

 

 

さあ、中へ・・

 

ワクワク感が増してきた。

 

ゲートを通ると、とてもリラックスできる癒しのミュージックが流れている・・・・・

 

そして、通路の正面には、水をイメージした淡いブルーの縦長スクリーンがあり、
「いのちと出会おう」 などの文字が浮かび上がっていた。

 

 

 

 

そして、ついに癒しの空間へ

 

最初の水景は、淡水魚だった。

 

 

 

 

水草の緑と岩のコントラストがとても美しく、
そこでメダカのような小魚やエビ、エンゼルフィッシュなど
多種多様な魚たちが優々と泳いでいる。

 

 

 

そして、次のエリアは

 

「うわぁ〜、これは幻想的!」

 

その魚とは・・・・

 

 

 

それは、記事をあらためてお伝えしますね。

 

 

 

 

関連ページ

時間を忘れる癒しの空間 2014/1/10 その2
東京スカイツリーのオリジナル・グッズをご紹介しています。大きな商品は持ち帰りが大変と感じている方は、こちらのショップがお役に立ちます。また、本場の売り場にない商品もございます。どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。
東京墨田区に小笠原の海 現る 2014/1/10 その3
東京スカイツリーのオリジナル・グッズをご紹介しています。大きな商品は持ち帰りが大変と感じている方は、こちらのショップがお役に立ちます。また、本場の売り場にない商品もございます。どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。

トップページ 管理人プロフィール 目次 スカイツリー訪問記 動画コーナー お問い合わせ